どうしてもユニフォームを脱がずにいられなかった

c224

c224
010年に開催されたFIFAワールドカップ。
オランダ対スペインの決勝戦では、
世界中の人々の記憶に残る名シーンがありました。

試合は0対0のまま延長戦の後半に突入します。

そして後半11分、スペインのイニエスタ選手が
右足で放ったシュートがオランダゴール左隅に突き刺さりました。

スペインがついに1点を先取します。

その瞬間、イニエスタ選手はスタンドに駆け出しながら、
ユニフォームを脱いでしまいます。

ゴールを決めた後にユニフォームを脱ぐパフォーマンスは、
定番のような感じもしますが、
FIFAの規定では違反行為と定められています。

やはり、彼には審判から
イエローカードが突き付けられました。

ただ、イニエスタ選手にはどうしても、
ユニフォームを脱ぎたい理由があったのです>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

ニエスタ選手のユニフォームの下のアンダーシャツ。

それには、こんなメッセージが記されていました。

ダニ・ハルケは永遠に我らとともに

ダニエル・ハルケは、U-21スペイン代表にも選ばれ、
招来を期待されていたサッカー選手でした。

しかし、遠征中に26歳の若さで、
心臓発作により急死してしまいます。

彼らは別々のチームでしのぎを削り合うライバルであり、
しかし、ピッチを出れば大の親友だったのです。

ふたりはユース代表時代のチームメイトで、
家族ぐるみの付き合いもありました。

ライバルチームで急成長を見せていたハルケが、
A代表入りも間近と言われており、
イニエスタはいつかハルケと共に、
代表のユニフォームを着てプレーするのが夢でした。

そんなイニエスタ選手、
違反を承知の上で、亡き友人に
ゴールパフォーマンスを捧げたのです。

ハードな決勝戦であったにもかかわらず、
イニエスタ選手はゴール後に警告を受けるまで、
ラフプレーを控えていました。

イエローカードを1試合で2枚受けると退場になってしまいます。

それは、ゴールを決めた後にユニフォームで警告を受けても、
チームに迷惑をかけないようにするためだったのです。

決勝戦から4か月後、イニエスタ選手はアンダーシャツを、
ハルケが所属していたクラブチーム「エスパニョール」に寄贈しました。

現在はエスパニョールのホームに展示されています。

寄贈したときのイニエスタ選手の談話です。
「このシャツはここにあるべきものだ。
 あの得点と共に、ハルケも人々の心に
 ずっと残り続けるだろう」

スポンサーリンク