【センバツ高校野球】「二十四の瞳」の中村、前橋育英と対戦

kifi

21世紀枠で出場の中村高校です。

エース・山沖之彦を擁して部員12人で準優勝し、
「二十四の瞳」フィーバーを巻き起こしたのが1977年大会。

40年ぶりの出場となった中村高校の大応援団が、
16人の選手の背を押しました。

アルプススタンドからは40年前と同じマーチの演奏。

20日の第3試合、中村(高知)は前橋育英(群馬)と対戦し、
1―5で敗退しましたが、選手たちは大声援を力に変えました。

9回にもぎ取った1点は、
あきらめないぞ。夏にまた来るぞ!の意思表示でした>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク