【今までの人生を返して下さい】14歳で不妊手術

fsdfaf

在では考えられないことを、
おかみが国民に強いていたのでした。

障がい者の方々への強制的な不妊手術。

旧優生保護法のもと、
多くの障がい者の方が「子供をつくる」
という重要な人生の一部を奪われました。

動画のこの方は、長年連れ添い、そして先立たれた奥様に、
長らく口をつぐんでいました。

その心の痛みを吐露しています。

現在のところ、おかみの見解はこうです。
「当時は合法であった。
 ために、謝罪及び補償の対象とはされない」

動画はこちらから>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク