【やれば出来るは魔法の合いことば】逆転サヨナラ満塁ホームラン

dfasdf

た高校野球に新しい歴史を作った一戦でした。

済美VS星稜は、二転三転する試合展開の中、
済美がタイブレークで激戦を制しました。

済美は6点を追う八回、政吉の左越え3点本塁打など
6長短打を集めて一時逆転。

星稜が九回、4単打で2点差を追いつき、
延長戦にもつれこみました。

動画は、13回裏、11対9のスコアで、
すべてをひっくり返す逆転満塁サヨナラ本塁打が出た場面です。

済美高校の校歌の一節
「やれば出来るは魔法の合いことば」を体現した試合でした。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク