【マサ斎藤、最後のリング】会場は”立て!””当たって砕けろ!”と…

dfadf

サ斎藤というヒール(悪役)担当のレスラーがいました。

プロレス戦国時代をゲリラ的に生き抜いてきた人でした。

1987年10月には、アントニオ猪木とも巌流島の決戦を繰り広げ、
2時間以上の闘いを繰り広げました。

その後、たけしプロレス軍団の参謀役として、
活躍したこともあります。

そのマサ斎藤は、2000年ころよりパーキンソン病を発症し、
治療の日々を迎えます。

動画は、2016年12月、大阪にて最後のリングに立った彼の姿です。
介助なしには立てない状態でした。

会場の応援コール「Go For Broke(当たって砕けろ)」
は、彼のキャッチフレーズだったのです。

この1年半後、2018年7月、マサ斎藤は75歳で死去しました。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク