【前川清と藤圭子】別れても欽どこでコント

dfdfe

圭子という歌手にはどこか儚げで、
陰の伴う美しさが仄見えていました。

作家の五木寛之は、
彼女の演歌は「怨歌」だと言ってました。

か細いがどこかに凄みのある存在。

このコントはかつて1年だけ夫だった前川清とのシーンです。

コントだけど、彼女の若い姿に合掌したい思いです。

亡くなってなお、彼女の凄みは、
宇多田ヒカルという才能に引き継がれ、
世の中にインパクトを与えています。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク