【木製のフォルクスワーゲンが凄い!】 しかも普通に走れる!

aadfe3

製フォルクスワーゲン「ビートル」を作り上げてしまったのは、
南米ペルーで大工さんをしているというBienvenido Ortegaさん。

彼は娘の15歳の誕生日に娘と約束した
夢の車を作り上げ、娘の住むアメリカ・ニューヨークと
妊娠中の妻の住むペルー・リマの往復21,000kmを旅しています。

Ortegaさんは
「娘の誕生日を一緒に祝いたい気持ちが力になっているよ。
もう20歳になってしまったけどね」
とコメントしています。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク