【お金なくなると…】やけど長女にラップ巻き放置

iuiuk

金がなくなると思った」と証言しています。 

橋本佳歩被告(22)は同居する田中聡被告(21)と3月、
横浜市鶴見区の自宅アパートで背中などに
大やけどをした当時3歳の長女にラップを巻いて
自宅に放置した罪に問われています。

長女は手術を受けてすでに退院しています。

16日の裁判で、橋本被告は検察側から
長女を放置した理由を問われると
「病院に連れて行くとお金がなくなると心配してしまった」
と話しました。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク