【「変顔」でオービス通過…】少年が捜査かく乱狙ったか

fddfde

19歳の少年は車を運転中に速度違反を取り締まる
「オービス」の前を通過する際、捜査が及ばないように
口をとがらせて「変顔」をしていました。

無職の少年は6月、首都高速環状線外回りで
法定速度を大幅に上回る時速128キロで
車を運転した疑いが持たれています。

警視庁によりますと、少年は首都高を周回しながら
違法な走行を繰り返す、いわゆる
「ルーレット族」だということです。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク