【大津裁判で異例】“判決延期”認否争う姿勢

okouiu

年5月、滋賀県大津市の交差点で
新立文子被告(53)の車が直進していた別の車と衝突し、
園児ら16人が死傷した事故の裁判で、
16日に予定されていた判決が延期される異例の事態となった。

過失運転致死傷などの罪に問われている
新立被告は先月、ANNの取材に
「せめて(直進車が)減速、あるいは
ブレーキがあったら(よかった)」などと答えていた。

こうした発言に検察は、法廷での主張と食い違っているとして、
弁論を再開するよう求めた。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク