【新型肺炎で武漢“封鎖”】中国人は春節で日本に続々

fsdfaff

型肺炎が拡大する中国では死者が17人に増え、
感染者は中国本土以外も合わせて580人を超えています。

多くの感染者が出ている武漢市では
空港と鉄道の駅などを一時閉鎖すると発表しました。

厳戒態勢です。

23日午前10時、感染元とされる中国・武漢市の空港と駅を閉鎖。

中国が最大級の封じ込め作戦に乗り出しました。

大型連休の春節を24日に
迎えるなかでの交通機関のストップ。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク