【仁義なき戦い】名優たちの名言集

dfaa4

映のやくざ映画は、それまで任侠路線、
男の美学がそこに描かれていました。

しかし、そこをグラッとひっくり返したのが、
深作欣二監督のこの映画「仁義なき戦い」でした。

甘っちょろい悪ガキが、本気で極道を目指していましたが、
この映画の第一作を見て、そのリアルさ、えげつなさで
その気が萎えたといいます。

実際に私の友人にそんなのがいました。

そんな見えざる貢献もあったのかもしれません。

この動画の終わりにこんなセリフがあります。

「戦いが始まるとき、まず失われるのは若者の命である。
 そしてその死は、ついに報われたためしがない」

今の世でも変な回顧趣味で戦争を肯定したり、
他国を罵り、彼らの誇りをけちらす人たちがいます。

この映画の暴力性は、そんな一群への
アンチテーゼとも言えるようです。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク