【野村さん、しみじみ清原を語る】

fgsgss

球少年からプロに入団したころの清原選手。

ほんとにそのポテンシャルには、
分かる人ほど注目と期待を寄せていたのでした。

野村さんは「天性だけでやっていたから…」
とぼやいてます。

左の王に匹敵する右の清原。

そんなイメージを夢想する野村さんの、
それが叶わなかった悔しさと野球愛。

「惜しい」
という言葉が真に迫っています。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク