角さん、なぜマスコミに手を挙げて挨拶するの?

b039

b039
中角栄元首相の「お決まりの写真」といえば、
あの右手を挙げた「イヨッ」のポーズ。

機嫌が良いときも、拘置所から出るときでも、
必ずといっていいほど同じ動作で、
カメラマンにシャッター・チャンスを与えていた。

側近らは、
「金権報道をするマスコミに、
 わざわざ手を挙げる必要はないのでは…」
と提言した。

それに対し、角さんはこう言った>>>

スポンサーリンク

↓Facebookからの続きは、こちらからどうぞ↓

50501

時、マスコミは、まるで鬼の首をとったように、
「金権政治家」田中角栄をボコボコに叩いていました。

暑がりの角さんは、真夏の拘置所生活で苦しんだのでしょう。

顔面神経痛のような歪んだ口元で、姿を見せました。

「罰が当たった」とか、
「良心の呵責が顔面に現れた」とか書かれました。

そんな時でも、角さんはあえて
「敵」の心情を忖度する態度を失いませんでした。

人間の価値は、自らが逆風の時によく現れると言います。

たとえ「被告」として叩かれようと、
角さんの人間力が損なわれることはなかったのです。

「カメラの連中だって、
 好きこのんで来てるんじゃない。
 オレの写真が撮れないのでは、
 連中も商売にならんだろう。
 手を挙げてやっても
 いいじゃないか」

スポンサーリンク