【世紀の男前、アランドロン】映画「サムライ」

fasdfasdfa

ラン・ドロンの妖しいまでに美しい容姿は、
この映画「サムライ」の主人公に似つかわしいものでした。

主人公は暗殺者であり、当時の日本の「サムライ」の
欧州での印象は、ハラキリとかテロリストだったようです。

映画は1967年の作品。
この動画内には奥さんの
ナタリー・ドロンも顔を出しています。

ちなみに奥さんのナタリーは、翌年、あの有名な「個人授業」で、
青少年のルノー・ベルレーを夢中にさせる人妻の役を演じました。

その年、1968年にはこの夫婦の破綻の影が見えてました。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク