【ゴーン被告「連絡取れる仕組み作った」】逃亡計画語る

asfafa

産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告は
中東メディアのインタビューで
「厳しい監視体制のなかで支援者と連絡を取れる仕組みを作った」
と述べ、逃亡計画の一端を明らかにしました。

ゴーン被告は
「日本での保釈中は通話の傍受や外出時の尾行など
厳しい監視体制にあったが、そのなかで
国外の支援者と連絡を取れる仕組みを作った」
と語りました。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク