【八神純子 「みずいろの雨」】Junko Yagami

fkasdoi

昭和の都会の景色を思い浮かべます。

八神純子さんののびやかな歌声は、
ビル街に注ぐ雨の中にたたずむ恋人たち、
そしてその別れの場面がイメージされるようです。

彼女は、この歌を高校生のときに
作ったそうです。

ひとときの気まぐれで
あやまちを犯した女性を歌ってます。

なんという大人な女子高生なんだろう、
と思ったら作詞は八神さんでなく、
三浦徳子さんという方でした。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク