【“医療崩壊”脱した旭川】急速に解消 分岐点は

kfadfj

療崩壊が叫ばれていた北海道旭川市。

今はどうなっているのか。

旭川赤十字病院 牧野憲一院長;
「現状は非常に落ち着いている。これだけ静かでいいものかなと」

院内感染が発生して一時分娩も
中止せざるを得なくなるなど状況がひっ迫。

新型コロナの病床も満杯寸前となっていたが、
今はICUの患者は一人に。

北海道全体では全国各地と同様に
年明けから感染者の数は増えている
にも関わらず旭川では抑えらえている。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク