【アースクエイクバード】日本のバブル期が舞台

fldfsdlfk

の映画は、英国推理作家協会賞の
最優秀新人賞に輝いた作品が映画化されたものです。

1980年代、バブル期の東京が舞台となっており、
この時期は、西欧からも日本への違和感や特別視があったようです。

株価は史上最高の3万8千円台をつけ、
今日また株価は3万円を超えて、あの頃に迫りつつあります。

あの頃の狂乱株価の背景には、
低金利による「過剰流動性」が挙げられます。

今、経済との実態の伴わぬコロナ下における株高。

あの頃と同じく「過剰流動性」による株高
という点は共通しているようです。

ではなぜ今、その過剰流動性は生じているのか、
そこのところをよく理解していないと、
見切り時を見誤ります。

できれば、もう今の段階から
始めようという方には、おやめなさい、
と言って差し上げたい。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク