18歳の回天特攻隊員の遺書

b739

b739
平洋戦争末期、最初の特攻兵器として開発された人間魚雷である「回天」。

「天を回らし、戦局を逆転させる」という願いを込められて命名されました。

八丈島で終戦を迎えたKさんは、「特攻最後の証言」の中で、
若者たちが、自主的に特攻に臨もうとする心情をこう説明しています。

「日本はもう防波堤のない状態になっていました。
 アメリカはいつでも日本本土に上陸できる。
 もし本土で陸上戦闘になれば、日本の国民も国土も文化も
 全てが失われると思いました。
 人間魚雷の一言で、
 これこそアメリカの上陸を阻止しなければと思いました。
 我々は命を失わなければならないが、
 その代わりに千倍、何千倍の日本人が生き残る。
 それができるなら命は惜しくないと、その瞬間に悟りました」

このような背景を踏まえて、たった18歳で人間魚雷「回天」により、
散っていった特攻隊員の手紙をご紹介します。

お母さん、私は後3時間で祖国のために散っていきます。

胸は日本晴れ。本当ですよお母さん。少しも怖くない。

しかしね、時間があったので考えてみましたら、
少し寂しくなってきました。

それは、今日私が戦死した通知が届く。

お父さんは男だからわかっていただけると思います。

が、お母さん。

お母さんは女だから、優しいから、涙が出るのでありませんか。

弟や妹たちも兄ちゃんが死んだといって寂しく思うでしょうね。

お母さん。

こんなことを考えてみましたら、私も人の子。やはり寂しい。

しかしお母さん。

考えて見てください>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

18歳の少年の手紙は続きます。

かしお母さん。

考えて見てください。

今日私が特攻隊で行かなければどうなると思いますか。

戦争はこの日本本土まで迫って、
この世の中で一番好きだった母さんが死なれるから私が行くのですよ。

母さん。

今日私が特攻隊で行かなければ、
年をとられたお父さんまで、銃をとるようになりますよ。

だからね。お母さん。

今日私が戦死したからといってどうか涙だけは耐えてくださいね。

でもやっぱりだめだろうな。

お母さんは優しい人だったから。

お母さん、私はどんな敵だって怖くはありません。

私が一番怖いのは、母さんの涙です

スポンサーリンク