日航機長が着陸前にした乗客へのアナウンス

b082

b082
れは日本航空が経営危機で、世間に心配されていた頃、
ある飛行機を利用した乗客の、機内で体験されたお話です。

機長によるアナウンスが入りました。

このアナウンス、
とても心温まる素敵なものでした。

このような内容でした。

「えー、機長の○○でございます。
 当機はまもなく成田国際空港に着陸いたします。

 小さなお子様をお連れのお客様、
 お子様はちゃんとお隣にお座りでしょうか?

 迷子になっていないでしょうか?

 当機はジャンボ機で、貨物室、客室1階、2階、
 ベッドルームを入れると4階建てになっております。

 貨物室やベッドルームには秘密の扉、
 通路を通って行くことができます。

 これらは秘密ですので、
 皆さまにお教えすることはできませんが、
 でもどうしても知りたいという方は、
 ぜひお近くの客室乗務員にお尋ねください。

 中でも、気の弱そうな客室乗務員に
 声をかけてみてください。

 もしかしたら、教えてくれるかもしれません。

 しかし、私パイロットを16年間しておりますが、
 未だかつて気の弱い客室乗務員に会ったことは一度もありません」

乗客がチラホラと笑い始めます。

「これらの秘密の扉ですが、
 たまに見つけて入り込んでしまい、
 迷子になってしまうお子様がいらっしゃいます。

 もし、お子様が迷子になってしまい、
 見つけられない場合は、
 お近くの客室乗務員にお知らせください。

 いったん皆さまに当機をお降りいただき、
 CA、パイロット総出で大捜索いたします。

 そして見つかった際には・・・」

見つかった際には、どうするというのでしょうか?
まだまだパイロットの名調子は続きます>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

して見つかった際には…
 いったん、日本航空でお預かりし、
 10年後に立派な客室乗務員、
 またはパイロットとしてお返しいたします」

(乗客笑顔)

「えー、昨年の夏休みには、7名のお子様が
 迷子になり、現在、日本航空でしっかりと
 訓練中でございます。

 最後になりましたが、
 このように日本航空が業務を続けていけるのは、
 本日の444名の乗客の皆さまをはじめ、
 国民の皆様のおかげでございます。

 誠心誠意、社員一同頑張って参りますので、
 今後とも日本航空をよろしくお願い致します」

(乗客一同、感動)

「それではまもなく
 成田国際空港に着陸いたします」

日本人パイロットによる
こんなにユーモアのあるアナウンスは、初めて!

最初はふつうに『ふんふん』と聞き流している程度でした。

しかし、どんどん周りの乗客が耳を傾けており、

最後は全乗客が、そのアナウンスに聞き入ってしまいました。

私は二階席でしたが、
一階席では、笑い声や拍手があったようです。

アナウンスが終わった後、
私と妹はもちろん拍手。

ほんとうに心温まるアナウンスでした。

この方は、会社の経営状態が悪くても、
会社の信用回復のために、会社を愛して
仕事をされているんだと思います。

それがとても伝わりました。

スポンサーリンク