娘のそばを狂ったように暴れまわる犬。この行動の意味は?

b942

b942
メリカのフロリダ州に住むモリー・デルーカちゃんの家族。

彼らは犬の保護施設から、
オスのシェパード犬・ハウスくん(2歳)を引き取りました。

ハウスくんは捨てられ、街をうろついていたところを保護されたそうです。

ハウスが家に来てからというもの、
モリーちゃんはハウスをまるで弟のように可愛がります。

ハウスくんとモリーちゃん。

そんな2人が親友同士になるのに、多くの時間は必要ありませんでした。

それから、少したったある日のことでした。

いつものように、裏庭では、モリーちゃんとハウスくんが遊んでいました。

しばらくすると、モリーちゃんのおばあちゃんが異変に気付きます。

「ハウスが狂ったよう地面を前後に跳び跳ね始めたの」

これはおかしいと思って、おばあちゃんが駆け寄ります。

そこには毒をもったガラガラヘビが!

ハウスくんはモリーちゃんを守るため、
毒ヘビの歩みを止めようとしていたのです。

毒ヘビが襲いかかるという突然の出来事に、
おばあちゃんも身がすくみ、とっさには何もできなかったそうです。

そんな家族を守ろうと、2歳のハウスが懸命に闘います>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

の瞬間、血が飛び散ってしまって。
 するとハウスが足をひきずって、キャンキャン泣き始めたの。」

その時の状況を、おばあちゃんと同じく
裏庭に駆けつけたお母さんのドーニャさんが説明してくれました。

噛まれてしまい、瀕死の状態のハウスくん。

それでも、ハウスくんは逃げませんでした。

自らの命をかえりみず、襲ってくる毒ヘビからモリーちゃんと
おばあちゃんを守ろうと最後まで果敢に闘い続けたのです。

結果、家族とハウスくんは毒ヘビから逃げ切ることができました。

家族はすぐさまにハウスくんを助ける手配にかかります。

ブルーパール救急動物病院に緊急搬送されると、
すぐに鎮痛剤や解毒剤などが投与されます。

ハウスくんの身体には痛々しいヘビの噛み跡が3か所もあったのです。

ケガの状態のよくないハウスくんは、集中治療室で治療を受けます。

ガラガラヘビの毒は、咬まれることにより患部の細胞組織や血管が破壊され、
内出血及び、内出血による腫れが生じ、激しい痛みを生じる。

この毒は血流に乗り、身体中に拡散されることで、
処置が遅れると死に至るという非常に危険なもの。

しかし、治療の甲斐があり、
ハウスくんは奇跡的に命をつなぐことができました。

順調に回復に向かっているハウスくん。

あと数日もすれば退院し、家に帰ることができるそうです。

しかし、ハウスくんの血液にはヘビの毒が残っており、
腎臓に一部障害が残る可能性もあるそうです。

「ハウスは体を張ってモリーを守ってくれた。
 今度は、私がハウスを救ってあげなければ。」

と母親のドーニャさんは決意を固めます。

勇敢なハウスくんの行動についてSNSに投稿すると、
瞬く間に反響を呼びました。

また、治療費の寄付するサイトにこの出来事が掲載されると
治療費に使って欲しいと多額の金額が送られてきました。

そのおかげでハウスくんは十分すぎる治療を受けることができ、
それでも余るお金は、同じく保護犬として苦しむ仲間に寄付されることに。

「ハウスは、家に引き取ってすぐに子どもたちと固い絆で結ばれたの。
 これまでも子どもたちをかばうような仕草をよくしていたわ。
 でも、想像していた以上に、固い絆だったみたいね!」

とドーニャさんはハウスくんの勇敢な行動に称賛を送っています。

逃げようと思えば、自分だけ逃げることだってできたはずのハウスくん。

しかし、ハウスが選んだ道は、
まだ会って間もないモリーちゃんを守るという勇敢な行動でした。

自らの命を投げ打ってモリーちゃんを救ったハウスくん。

一度は捨てられるという悲しい運命にあったけども、
再び人間を愛することができたようですね!

良い家族と巡り合えたハウスくんが、早く元気になることを願っています。

スポンサーリンク