”はじめてのおつかい”のようなお話し

c120

c120
つづきだった8月半ば、夏の陽ざしが戻ってきた。

晴れる日を待ちわびていた息子が、
「千春を連れて、バスで図書館へ行ってくる」と言う。

小学二年の息子は、一学期に生活科の授業で、
図書館行きは経験済みなのだ。

本を借りたいというよりは、一つ違いの妹に、
”いいとこ”を見せたいのが本音らしい。

「バス代は70円、100円玉はあかん。
 ぼくらみたいな子供が両替してたら、他の人が迷惑。
 帰りの分はポケットに入れて、行きの分だけはしっかり握ってる。
 わかった?」

普段は必ず文句をつける妹もいやに従順だ。

10時過ぎ、晴れやかな「行ってきます」を残して、
息子と妹は、図書館へ出発した。

本を借りてくるだけなら、1時間で十分だ。

それなのに、11時半を過ぎても戻ってこない。

心配になり始めた時、息子が目を真っ赤にし、
息を切らせて戻ってきた。

「お母さん、千円ちょうだい。ごめんなさい、
 ぼく、タクシーで帰ってきたんだ。
 バスを間違えて……待ってもらってるから、
 早く千円ちょうだい」

「タクシーですって?!どういうこと?
 ちゃんと説明して!千春は?」

背中に冷たいものが走る>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

も答えず、私から千円札をうばうように、
息子は飛び出していった。

後を追うと、娘がべそをかきながら帰ってきた。

すれ違いざまに、息子は慰めるように妹の両肩に手を置くと、
ひと言ふた言話しかけ、全力疾走でタクシーを目指した。

息子にまかせよう、私は行かないほうがいい。

そんな思いが私の足をとめた。

私は娘の手を取り、黙ってゆっくりと家に向かった。

そして、走って戻ってきた息子と、同時に玄関に入った。

息子の目には、今にもあふれんばかりに、
涙があふれている。

それを私や妹に見せまいと、サッと手でぬぐい、
息子はぽつりぽつりと話し出した。

バスに間違えて乗り、途中で違う方向に曲がってしまったこと…。
まったく知らない道、まったく知らない景色……。
泣き出す妹……。やっと知っている駅前に着いたこと…。
タクシーの運転手さんにすべてを説明して、
どうにか乗せてもらったこと……。

「電話をかける」「近くの人にたずねる」
そんなことすら思い浮かばないほど、
息子の胸は不安でいっぱいだったのだろう。

そして、悲しいほどの使命感。
とにかく、妹を連れて帰らなければ……と。

息子の目には、旅行帰りに乗り覚えのある、
タクシー乗り場が光り輝いて見えたのかもしれない。

私にすがってすすり泣く娘の横で、
息子は呪文のように繰り返す。

「ごめんね、千春……。ごめんね、お母さん。
 ぼく…ぼく……、ごめんね、ごめんね」

自分だって、私の胸で泣きたいだろうに。

抱き締めてやりたい……。
でもそうすると、確実に息子の涙はこぼれ落ちる。

今まで堪えに堪えた涙ではないか。

今、落ちてはいけない……。

私は電卓を取り出すと、
図書館から借りてきた本の値段を読み上げた。

「800円、560円、480円…」

値段もデタラメなら、電卓を押す指もデタラメだ。

私はとびきりの笑顔を作った。

「よっしゃ!タクシー代引いても、買うより1,500円の儲け、
 大丈夫、損してへん!」

ようやく息子と娘に笑顔が戻った。

その時のタクシーの運転手さん、
本当にありがとうございました。

参考本:らくだのあしあと NTT出版
「損してへん!」(T.H.さん)

スポンサーリンク