ヒトで言うなら、生みの親より育ての親

c124

c124
ワトリの子供と言えばヒヨコです。

ただ、鳥は生まれて初めて見た「自分より大きくて動くもの」を
親だと思う習性があるので、人間を生まれて初めて見てしまったら、
ヒヨコは人間を親だと思ってしまいます。

それでは、逆に卵から孵(かえ)ったヒナがヒヨコではなかった場合、
ニワトリはどうするのでしょうか。

こんな疑問を持って、実際に実験を行った学者がいたそうです。

実験に使われたのはホロホロチヨウの卵。

ニワトリはその卵を一生懸命温めて、無事にヒナを孵します。

学者は、ニワトリはヒヨコを育てるのと同じように、
ホロホロチヨウのヒナを育てるだろうと考えていました。

ところが、そんな仮説をまったく覆す結果に、
実験参加者の皆が驚いてしまいました。

ニワトリはいったいどんな行動をとったというのでしょう?>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

ワトリはヒナを藪の中へ連れて行くと、
アリ塚を掘ってアリの卵を取り出そうとしたのです。

ニワトリはアリを食べることはありませんが、
ホロホロチヨウは食べます。

ニワトリは、自分の子供(ホロホロチヨウ)が
食べたいものを食べさせてあげようとしたのです。

また、別の学者がニワトリにアヒルの卵を温めさせ、
ヒナを羽化させたところ、ニワトリはアヒルのヒナを
池まで行って泳がせたそうです。

実の子ではなくても、自分の子供が求めるものを察知して、
その子のために、一定の行動ができるのでしょうか。

生物の遺伝子に書き込まれた「設計図」の中には、
このような仕組みも含まれているのかもしれません。

スポンサーリンク