ほーら、すごい音が聞こえるでしょ?

c158

c158
の日、私はいつもより夕食の支度をするのが遅くなってしまい、
慌ててお味噌汁を作っているところだった。

トゥルルルル……。

電話の音に「また遅くなる、って言うのかな?」
と思いながら受話器を取ると、それは夫ではなくて
実家の母からだった。

「こんばんはー」

陽気な母の声と同時に、ドーン!とすごい音。
続いて、ドン!ドン!と音が響く。

「今、ご飯だった?」

「ううん、まだ作ってるとこ」

「今日、花火やってるから……見れなくてかわいそうだけど、
 せめて音だけでもと思って」

喋ってる間にも花火の音は鳴り響いている。

そうか、今日は花火の日だったっけ……。

それにしても、母は何という可愛らしいことを思いついたのだろう。

花火なんて、見なくちゃ面白くもなんともないのに、
音だけ聞かせようなんて……。

私の実家は千葉県松戸市で、数十年前、
都内から引っ越してきた時はなんて田舎なんだろう
と思ったぐらい、のどかなところだった。

すぐ近くを江戸川が流れていて、まだ畑もあちこちにあり、
なんだか隠居するような気分だねと、家族そろって笑ったものだ。

それが引っ越して間もなく、この家に素晴らしい良さが
備わっていることに気づかされることになった>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

る夏の日、江戸川で花火大会が行われてみると、
なんと我が家のベランダの真正面から見えるではないか!

これには家中大騒ぎになり、一夜にして、
”素晴らしい家だ”ということになった。

それ以来、毎年花火の日には、
狭いベランダにイスや簡易テーブルを持ち込んでミニ宴会、
というのが恒例になった。

母は必ず枝豆を茹でておいてくれ、
自分や姉にはウーロン茶を、
私にはビールを冷やして待っていてくれた。

いつもは閑散としている地元の駅も、
この日だけは浴衣姿の若者や、子供連れで賑わっていて、
その中を会社から飛ぶようにして帰るのだった。

「今ね、ちょうど大きいのが上がってるところ。
 うわー、すごい音でしょう」

二階の、もと・私の部屋の電話から
ベランダに乗り出してかけている母の姿を想像しながら、
しばらく”実況中継”を聞いて、電話は切れた。

「なんだ、お母さん、こっち(関西)でもテレビやってたよ」

ひとり言をつぶやいてしばらく見ているうち、
ポロポロと涙がこぼれてきた。

姉もお嫁に行き、夜警の仕事で父もいない今、
たったひとりでベランダから花火を見ている母のことを思うと、
あとからあとから、涙はいくらでも流れて落ちた。

スポンサーリンク