切手はこうして誕生しました

c194

c194
在では当たり前のように使われている切手ですが、
それが登場する前は、郵便を受け取るときに
代金を払う仕組みだったのです。

そのために、代金が払えずに受け取れない
というトラブルが多くあったそうです。

イギリスの郵便制度を改革し、
切手を発明したとも言われるローランド・ヒルが、
郵便のことを真剣に考えるようになったきっかけも、
そんなトラブルのひとつからでした。

ある日、彼が散歩をしていると、
女性が郵便の配達人と話をしていました。

どうやら、女性が「代金が払えない」と言って、
郵便の受け取りを拒否している様子。

彼は女性を不憫に思い、
代金を立て替えてあげることにしました。

しかし、善いことをしたはずなのに、
女性は困った顔をしています。

彼が理由を聞くと、
その答えは意外なものでした>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

性はこう言いました。

「私は貧乏なので、ロンドンにいる婚約者と
 手紙をやりとりしようにも料金が払えません。
 だから、封筒の表面にこっそりと2人だけの
 ”しるし”を見れば、私たちは郵便を受け取らなくても、
 お互いの安否や愛情を確かめることができるんです」

彼は、二人の愛情に感激するとともに、
郵便制度の不完全さを知りました。

そこで、料金を格安にしたうえで、
先払いにして未納を防ぐ、
切手方式のシステムを思いついたのです。

彼女の言葉、封筒上の”しるし”から
「切手」を貼るという方法を思いつきました。

またお互いの安否や愛情を確かめるには、
”しるし”だけでなく、文章ならもっと嬉しいし、
ならば、それを格安にしたいと思い至ったのでした。

スポンサーリンク