【小学生の優秀賞作文】てんしのいもうと

c203

日小学生新聞を発行する朝日学生新聞社では、
全国の小学生を対象に「いつもありがとう」作文コンクールを
主催しています。

ある回の最優秀賞、小学1年生の松橋一太くんの作文をご紹介します。

全文はほとんどひらがなですが、おとなにはやや読みにくいため、
一部を漢字に換えてご紹介します。

【最優秀賞】てんしのいもうと
新潟県 1年 松橋一太

c203

くには、天使の妹がいます。

夜中、ぼくは、おとうさんと病院の待合室に座っていました。
となりにいるおとうさんは、少しこわい顔をしています。

いつも人でいっぱいの病院は、夜中になると
こんなに静かなんだなあと思いました。

少したってから、目の前のドアがあいて、
車いすに乗ったおかあさんと看護師さんが出てきました。

ぼくが車いすを押すと、おかあさんは悲しそうに、
歯を食いしばった顔をして、ぼくの手をぎゅっと握りました。

家に着くころ、お空は少し明るくなっていました。

ぼくは一人っこなので、妹が生れてくることがとても楽しみでした。

おかあさんのおなかに妹が来たと聞いてから、
毎日、ぬいぐるみでおむつがえの練習をしたり、
妹の名前を考えたりして過ごしました。

ご飯を食べたり、おしゃべりしたり笑ったり、
公園で遊んだり、テレビを見たり、今まで三人でしていたことを、
これからは四人でするんだなあと思っていました。

でも、春休みの終わり、
トイレでぐったりしながら泣いているおかあさんを見て、
これからも三人なのかもしれないと思いました>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

みしくて、悲しかったけど、それを言ったら
おとうさんとおかあさんが困ると思って言えませんでした。

ぽかぽかの暖かい日、ぼくたちは、善光寺さんへ行きました。

妹とバイバイするためです。

はじめて四人でお出かけをしました。

ぼくは、妹が天国で遊べるように、折り紙でおもちゃをつくりました。

「また、おかあさんのおなかにきてね。
 こんどは生まれてきて、一緒にいろんなことしようね」と、
手紙を書きました。

ぼくは、手を合わせながら、ぼくの当たり前の毎日は、
ありがとうの毎日なんだと思いました。

おとうさんとおかあさんがいることも、
笑うことも、食べることや話すことも、
全部ありがとうなんだと思いました。

それを教えてくれたのは、妹です。

ぼくの妹、ありがとう。

おとうさん、おかあさん、ありがとう。

生きていること、ありがとう。

ぼくには、天使の妹がいます。

だいじなだいじな妹がいます。

スポンサーリンク