結婚式に姿を現わしてくれた亡き父さん

c241

c241
さん、

「男は人前で泣くものではない」と厳しく言ってましたよね。

だから、父さんが亡くなる時も通夜でも葬式でも
僕は決して泣かなかったのです。

あの頃、まだ幼稚園児だった弟はもう大学生です。

そして僕は社会人になって2年目。
何とか相手を見つけ、本日の結婚式にこぎつけることができました。

僕が選んだ嫁さんとそのご両親、
新しい家族のことを父さんに紹介したかった。

何より、この場で僕の大人になった晴れ姿を見てほしかった。

そんな思いを巡らせながら、
式場の控え室でぼんやりしていた僕でした。

いきなり父さん、あなたは僕の前に姿を現わし、
僕の肝を冷やしてくれました。

ドアを開けて入室してきた男性。

本日のためにスーツに身をかためた、
白いネクタイ姿の精悍な顔だち。

それは紛れもなく、
父さん、あなただったのです>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

んやりしていた僕の頭の中に、
いきなり稲妻が光りました。

目をこすり、こすった目じりには
うっすら涙が滲んでいました。

父さん・・・
そう見えた姿は弟だったのです。

成長するごとに、顔、声、体格、なぜか仕草まで、
父さんに生き写しと誰からも言われるようになっていた弟。

弟が着用していたのは、父さんのスーツでした。

「これ父さんの服」と弟に言われるまで、気づきませんでしたが。
弟はただ、ピッタリだからというだけの理由で着たようです。

しかし、それを知ったが最後、弟にばかり気を取られた僕でした。

どう見ても、若かりし頃の父さん、あなたに生き写しです。

繰り返しになるけれど、
父さんに、今日のこの場所にいてほしかった。

そして「育ててくれてありがとう」と言いたかった。
初めてネクタイを締めた弟の姿も見せたかった。

様々な思いが去来する中、僕に「おめでとう」と言った弟の声、
それがまたあまりにも父さんに似過ぎていて、
涙を堪えきれなくなったのです。

「男は人前で泣くものではない」
父さんの言いつけを守れなくてすみません。

けれど、本日だけは父さん、許してください。
まだ甘ちゃんの僕ですが、これからみんなを守っていきます。

スポンサーリンク