【矢沢永吉】頼まれたことをカッコよく断れる人

014

014
る音楽番組にゲスト出演したTOKIOの松岡昌宏さんが、
矢沢永吉さんの知られざるエピソードを明かしてくれました。

松岡さんは、かつて矢沢さんの自伝的なドラマ「成り上がり」で、
矢沢永吉役を演じたことがありました。

だから特に矢沢さんに心酔することひとしおなんです。

その音楽番組では、80年代の歌謡曲について語り合うのが
メインテーマでした。

山下達郎や松任谷由美など、
70年代に活躍したシンガーソングライターが、
80年代になると、アイドルに楽曲を提供するようになりました。

そのことにより、歌謡曲の音楽性が幅広くなって、
全体の進化に貢献したとの話題になりました。

その話題の流れで、松岡さんは、事務所の先輩である
マッチこと近藤真彦さんが矢沢永吉のファンで、
矢沢さんに楽曲提供のオファーを出した、
というエピソードを紹介しました。

結論から言うと、このオファーを矢沢さんは、
お断りすることにしました。

その断り方が、永ちゃんらしい言い方、
矢沢語録に残るようなカッコよさだったといいます。

後日、矢沢永吉さんは、近藤さんにお断りの電話を入れたそうです。

「あなたのことはよくテレビで拝見して、
 すごく素晴らしいし、本当にかっこいいと思う。
 あなたのこと好きです。
 あなたに最高の曲を作りたい」

矢沢さんは、こう切り出したそうです。

しかし前述したように、結局はお断りをするのですが、
その理由として述べたひと言がこうだったのです>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

断りの理由として述べたひと言がこうだったのです。

「ただごめんね。
 最高の曲ができたら僕が歌いたいよね

依頼を受けるからには、
あなたには最高の曲を作りたい。
だけど、自分もシンガーであるからには、
出来上がった最高の曲は自分が歌いたい。

あなたも最高だから、
二番、三番の曲を提供するわけにはいかない。

そんなふうに相手を尊重する気持ちも
言下に含ませているかのようです。

松岡さんも、その断り方にすっかりシビれたそうです。

その松岡さんの放送を聞いた永ちゃんファンは、
こんな感想を述べています。

「なんだこれ、ロック過ぎるだろ!さすが永ちゃん」

「他のヤツが言ったらウザイけど、永ちゃんならOK」

参考URL:https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=GdX3fsv2GZE

スポンサーリンク