【タイ人パイロットの日本での体験】同じく君主をいただく国だから…

023

023
界で最も在位の長い国王として知られたタイのプミポン国王(88歳)が、
2016年10月に逝去されました。

70年もの間、王位に就いていた国王は、
愛を持って数々の騒乱も沈静化させていました。

そんな国王の死に、国中が悲しみに暮れたといいます。

仕事のため日本行きの便に搭乗していた
タイ人パイロットのパット・パナチェットさんは、
成田空港で国王の逝去を耳にしました。

この知らせにはパットさんだけでなく、
仲間たちも大きなショックを受けていたようです。

しかしながら、仕事のこともあり、すぐにタイに戻ることはできません。

国王が亡くなられた次の日に、会社から
「喪章をつけて搭乗するように」という連絡が入りました。

そこで職員たちはすぐに喪章を探し始めます。

しかし、周囲にあったショッピングモールを探しても、
なかなか喪章は見つかりません。

パットさんは、文房具や手芸品を取り扱っている
小さなお店へと入りました。

店内にいたのは2人の年配の女性でしたが、英語が通じません。

そこで、パットさんは写真を見せて、喪章が欲しいことを伝えますが、
どうやらそのお店にも喪章を置いていないようです。

「どうしよう」と困ったパットさん・・・。

しかし、この後予想だにしない展開が待っていました>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

章が置いていないと知り、自分で作るしかない、
そう思ったパットさんは、1mほどの黒い布を買おうとします。

しかし、言葉が通じないので、
店員2人は戸惑った表情を見せるばかりです。

そこでパットさんは思い切って国王の写真を見せてみました。

すると、国王の写真を見た店員さん2人は事情を察します。

さらにパットさんに同情し、涙を流し始めたのです。

そして、その店員さんたちは、
パットさんが欲しかったものを理解しました。

店員さん2人は涙をポロポロと流しながら、
英語で何十回も謝罪の言葉を述べていたのです。

事情を知った彼女らは、
なんと黒い布で急いで喪章を作ってくれたのです!

パットさんはこの出来事を自身のFacebookに投稿しました。

その投稿記事は、タイの人々にも大きい反響を呼びました。

そこには、国王の逝去を報じている
日本の新聞への感謝の気持ちも込められていました。

そこにはこんなメッセージが綴られていたそうです。

日本が私たちと同じく君主のいる国家なのは、おそらく理由があると思う。

日本行きの便に乗っていたため、パイロットと乗組員は突然の訃報を日本で聞いた。悲しみに暮れつつも、正式な知らせがあるまでいったん解散した。

翌朝、母に頼まれていた買い物と、そして喪章を買うために、ショッピングモールへ行った。バンコクから喪章を付けるようメールも来ていた。

しかしながら喪章は売っている店はなかったので、生地専門店に行くと、2人の日本語しか話せない年配女性がいた。喪章の写真を見せたが、やはり売ってないようだ。

自分で作ろうと思い、1m単位の黒い布を買おうとした。

疑問を浮かべる彼女たちに国王陛下の写真を見せたところ、突然泣き出した。「申し訳ありません、申し訳ありません」と何度も何度も大泣きしながら、哀悼の意を伝えてきたのだと思う。

そして彼女たちは泣きながら喪章を作ってくれた。

きっと敬愛する人を喪う気持ちを、私たちと同じように理解してくれているのだと思う。

参考URL:http://www.mag2.com/p/news/224197/2
    http://labaq.com/archives/51875584.html

スポンサーリンク