小学二年生のお兄ちゃんが、真剣に弟を心配していたのです

b271

b271
児の母です。

下の子には障害があり、今年は就学問題を控えています。

今年に入ってすぐ、上の子が
「来年はMくんも1年生だね~。一緒に学校行くんだ!」
とニコニコ顔で話しかけてきました。

下の子は言葉もほとんど話せず、身辺自立もままならないため、
上の子が通う小学校の特学(特別支援学級)に上がるのは非常に難しい状態です。

上の子の楽しみを摘み取るようで心が痛みましたが、
遅かれ早かれ言わなければならないことです。

心を鬼にして、直面している現実を
上の子に分かる言葉で伝えました。

みるみる泣き顔になる上の子。

「登校時には危なくないように手をつなぐから…」

「休み時間のたびに様子を見に行くから…」

「Мくんがいじめられないように守るから…」

泣きながら一緒の学校にしてくれと頼む上の子に、
私も泣きながら「ごめんね」と謝ることしか出来ませんでした。

とうとう上の子は「Мくんと一緒に行くんだもん!」
と言い残して部屋にこもってしまいました。

まだ小学二年生の息子に、下の子を気遣う発言をさせた上、
深く傷つけてしまったことに、ひどく自己嫌悪しました。

それから数十分後…

上の子が部屋から出てくると、
真剣な顔で私の前に座って言いました。

その言葉は、とても小学二年生が言ったものとは思えませんでした。

まさかその言葉によって、
夫まで動かされるとは思いもしませんでした>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

の子が言った言葉です。

「…本当はМくんと一緒の学校がいいけど、
 もし絶対に無理だったら我慢するよ。
 その代わり、Мくんが楽しく通えて、
 いじめの無い学校を探してね。約束してね

こんな小さな子供が一生懸命考えて出した答えなんだ。

…そう思うとまた泣けてきて、2人で泣きながら指切りをしました。

夫の帰宅後、この話をしたら夫も号泣。

今まで就学問題については、
「よく分からないから、任せるよ」
と頼りないことを言っていた夫ですが、
この日を境に一緒に考えてくれるようになりました。

お兄ちゃん、ありがとう。
お母さんは、2人が生きやすく、
幸せになれるよう頑張ります。

スポンサーリンク