お別れ会の挨拶は、できんぼのお前だ

a806

a806
学生のとき、足し算、引き算の計算や、
会話のテンポが少し遅いA君がいた。

でも、絵が上手な子だった。

彼は、よく空の絵を描いた。

抜けるような色使いには、子供心に驚嘆した。

担任のN先生は、算数の時間、
解けないと分かっているのに、答をその子に聞く。

冷や汗をかきながら、指を使って、
ええと、ええと、と答えを出そうとする姿を、
周りの子供はクスクス笑う。

N先生は、答えが出るまで、
しつこく何度も問い詰めた。

そんなN先生を私は嫌いになっていった。

クラスもいつしか代わり、私たちが小学6年生になる前、
N先生は違う学校へ転任することになった。

私たちは、全校集会で、先生のお別れ会をやることになった。

生徒代表で、お別れの言葉を言う人が必要になった。

先生に一番世話を焼かせたのはA君だったから、
という理由で、結局、彼が多数決で選ばれた。

お別れ会のあいさつで、一人立たされて、
ドギマギしたり、どもったりするA君の姿を、
誰もが内心期待する気持がどこかにあった。

お別れ会、当日がやってきた>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

日の、A君の言葉を私は忘れない。

N先生、ぼくを普通の子と一緒に勉強させてくれて、
 ありがとうございました

A君の言葉は、10分以上にも及んだ。

水彩絵具の色の使い方を教えてくれたこと。

放課後、つきっきりでそろばんを勉強させてくれたこと。

何度も何度も、分数の意味をたとえ話で話してくれたこと。

その間、おしゃべりをする子供はいなかった。

クスクス笑う子だって、一人もいなかった。

N先生は、俯いてじっと床を見つめていた。

ただ、先生の肩が小刻みに震えているのを、私は見逃さなかった。

スポンサーリンク