【留守電に残された妻の声】消失した音源が蘇る

dpp

ギリス人のStan Beatonさんは、
奥さんに胃がんで先立たれていました。

失意の日々の中、留守電に残された奥さんの声が、
彼の心のよりどころでした。

しかし、ある日電話会社「バージン・メディア」が、
サービスのアップデートをした際、
その留守電の音源を消失するアクシデントが発生。

Stanさんは、すっかりしょげかえっていました。

これを知った「バージン・メディア」のエンジニア達は、
10人がかりで、音源の復元にチャレンジしました。

その結果、音源復元に成功したのです。

Stanさんが、再び、奥さんの声を聞くことができた、
その瞬間をご覧ください。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク