【坂の上の雲】テレビ放送より

dddfffa

末、そして明治維新、
開花期を迎えようとする日本は、
誠に小さな国でしかなかった。

産業といえば農業しかなく、
人材といえば、300年もの間
読書階級であった旧士族しかなかった。

初めて「国家」というものを持った日本人、
その眼前には、これから登りつめようとする坂があり、
空にはぽっかり雲が浮かんでいた。

百数十年後、登った坂からは、
日本人の目にどんな景色が見えているのだろう。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク