雪の日、忘れないディズニーシーでの思い出

b630

b630
東に大雪が降った翌日、私と彼は、防寒対策をしっかりして、
ディズニーシーに向かいました。

今日は彼と付きあって、2年目を迎える記念日。

大事な日だからこそ、
彼と初めてデートしたディズニーシーで
迎えようと約束していたからです。

「キレ~~ッ。そしてカワイイ!」

ゲートをくぐるなり、大きな声で叫んでしまいました。

そこには、一面の銀世界……ではありませんでしたが、
ディズニーシーならではの雪の世界が広がっていました。

通路はしっかり雪かきされているのですが、
周りの花壇には雪が残っていて、太陽の光に当たってキラキラ。

通路のあちこちには、キャストさんが朝からつくったのか、
大小の雪だるまが並んでいます。

寒いことも忘れて、私と彼は、散歩に繰り出すことにしました。

雪のディズニーシーは、いつもより人が少ないせいか、
何だか厳かな感じがします。

私と彼は、特に話すでもなく、ただ、ゆっくり足を進めていきました。

園内を一周し、アメリカンウォーターフロントに到着。

私たちのようなカップルが数組と、カストーディアルの方が、
静かに掃除をされているだけ。

※カストーディアルとは、園内の清掃に携わるキャストのことです。

とってもいい雰囲気で、まさに大人のデートスポットです。

「新婚旅行は、S.S.コロンビア号みたいな船で世界一周がいいね~」

何の気なしに彼に話しかけたのですが、返事がありません。

聞こえなかったのかと思い、もう一度、
「こんな豪華船で世界一周できたらいいよね~」
と言ってみたのですが、またもや無言。

「どうしたのだろう」と彼を見ると、
めったに見ることのない真顔で、こちらを見つめています。

変なことでも言ったのかしら?不安になって、
「どうしたの?」
尋ねながら近づくと、突然彼は・・・>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

然彼は、何かを差し出しました。そして、

「結婚してください」
と言ったのです。

えっ?

驚きました。

だって結婚を考えているようなそぶりを見せたことなど、
まったくなかったからです。

驚いて何も言えない私に、彼は言いました。

「結婚しよう。これからもずっと一緒にいよう」

ポロッ。

涙がこぼれました。

彼とずっと一緒にいたい。

そう、ずっと思っていたからです。

大きく息を吸って、深呼吸をし、

「はい。よろしくお願いします」

そう口にしたとたんポロポロと涙があふれ、
止められなくなってしまいました。

あわてて彼がカバンからティッシュを出して、渡してくれます。

こんな時にティッシュなんて……と、
苦笑しながらありがたく涙を拭いていると、
「記念に写真を撮ろうよ」と彼。

私の返事も待たずに、ポケットからスマホを取り出し、
自撮りをしようとします。

すると、
「よろしければお撮りしましょうか」と、
カストーディアルのお姉さんが声をかけてくれました。

ありがたい申し出に、撮影してもらおうとカメラを渡したとき、
彼女が心配そうに「どうかされましたか?」と尋ねました。

私の目が赤いことに気づいたのでしょう。

照れくさかったのですが、正直に、
「実は、彼にプロポーズされて、結婚することになったんです。
 その記念に、写真を撮ろうって……」

とお伝えすると、

「ええっ!それはおめでとうございます!
 よろしければ、私にもお祝いさせていただけませんか?」

カストーディアルさんはそう言って、
持っていたトイプ(ホウキ)で何やら地面に描き始めました。

「はい。できました」

そこには、大きなハートとメッセージが…。

白い雪の上にできた文字でした。

『けっこん、おめでとう』

「すごい!ありがとうございます」

「ステキ!うれしいです」

せっかく止まった涙が、またあふれ出してくるのが分かりました。

彼の目も、少しだけ赤くなっています。

とてもとても寒い日だったのに、
とてもとても心温かな時間を過ごすことができました。

カストーディアルさん、素敵なプレゼントをありがとう。

スポンサーリンク