老人ホームには利他に富む人がいるんです

b631

b631
別養護老人ホーム(特養)と呼ばれるホームがあります。

介護が必要な状態で、
自宅では適切な介護が困難な高齢者の方が入所する施設です。

Aさんが、ある特養を訪ねて、園長先生から聞いたお話です。

園長先生がAさんに質問しました。

「Aさん、当施設のように、そのほとんどの方が寝たきりのような状態や、
 よくても車椅子を必要とする老人ホームにも、
『エリート』といわれる人がいるんです。
 どんな人がエリートだかわかりますか?」

Aさんは、一瞬思い浮かべました。

お金持ちとか、名誉ある職業を経験した人、知的教養のある人、
具体的に言えば、大会社の社長や重役だった人、大学教授や校長先生だった人、
銀行の頭取、大きい船の船長、もしかしたら、本人ではなくても、
家族にそういうエライ人がいる方なのかと、

Aさんは、そのことを口に出してみました。

そうしたら、園長先生は、笑みを浮かべて説明してくれました>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

さん、看護を必要とする老人ホームの中にあって、
 エリートというのは、社会的なものとは違います。
 老人ホームの中でのエリートと呼ばれる人は、
 他人さまのことを考えることのできる人のことです」

園長先生は、こう説明してくれました。

年老いてくると、残念なことではありますが、
自分のことでいっぱいになってきます。

私たち現役が、相手のことと自分のこととを、五分五分で考えるのに対し、
加齢に伴って、五分五分が四分六分、三分七分…というように、
自分のことに重心がかかってきます。

それがごく普通の高齢者の様子です。

しかしそんな中でも、確実に自分以外の誰かに、
思いやりを忘れない人もいるのです。

たとえ自分が寝たきりであっても、
介護者の表情の変化に気づいて、
「あれ、元気なさそうだね」とか声をかけてくれます。

自分も車イスなのに、隣の車イスの方の脚を揉んであげる人もいます。

新しい入所者の方に、いろいろ声をかけて、
心をほぐしてあげようとする障がい者の方もいます。

そんな方々は、いまだに現役の気持を持つ「選ばれた人」
ではないかと思います。

認知症の方でも、まだら模様の合間に、
エリートの顔をのぞかせる人もいて、
介護者、看護者はそれらを見逃さず、
褒めて差し上げるようにしているそうです。

そんな説明でした。

Aさんは、思いました。

自分たちが住む世間一般についても、これは当たりではないかと。

老人ホームのエリートは即、実社会でもエリートではないかと思えたそうです。

お金や物、それに名誉や権力。

どれもそれなりの価値を否定するものではありません。

でも、どんなにそれらをたくさん持っていても、
死んで持っていけるものじゃないです。

与えたものだけが残ります。

友情や愛情や親切、目に見えないそれらには価値があるから、
人とのつながりを生み出します。

そんなつながりに重点を置いてきた人こそ、真のエリートではないだろうか、
改めて、Aさんはそこに思いを致しました。

スポンサーリンク