旅先で触れ合った二人のご老人のこと

b646

b646
生時代、貧乏旅行をした。

帰途、寝台列車の切符を買ったら、残金が80円!

もう丸一日以上何も食べていない。

家に着くのは約36時間後…。

空腹をどうやり過ごすか考えつつ、
駅のホームでしょんぼりしていた。

すると、見知らぬお婆さんが心配そうな表情で声を掛けてくれた。

自分の無計画を恥じつつ、わけを話すと、
持っていた茹で卵を2個分けてくれた。

さらに、私のポケットに千円札をねじ込もうとする。

さすがにそれは固辞した。

しかし、お婆さんの言葉を聞き、素直な気持ちになった>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

お婆さんは、こんな言葉で私を諭した。

なたが大人になって、同じ境遇の若者を見たら手を差し伸べてあげなさい。
 社会ってそういうものよ」

私は感極まって涙がこぼれてしまった。

お婆さんと別れて列車に乗り込むと、
同じボックスにはお爺さんが。

最近産まれた初孫のことを詠った自作の和歌集を携えて遊びに行くという。

ホチキスで留めただけの冊子だったので、
あり合わせの糸を撚って紐を作り、和綴じにしてあげた。

ただそれだけなんだが、
お爺さんは座席の上に正座してぴったりと手をつき、
まだ21歳(当時)の私に深々と頭を下げた。

「あなたの心づくしは生涯忘れない。孫も果報者だ。
 物でお礼に代えられるとは思わないが、気は心だ。
 せめて弁当くらいは出させて欲しい。どうか無礼と思わんで下さい」

恐縮したが、こちらの心まで温かくなった。

結局、車中で2度も最上級の弁当をご馳走になり、
駅でお婆さんにいただいたお金はつかわずじまいだった。

何か有意義なことにつかおうと思いつつ、
その千円札は14年後の今も実はまだ手元に置いてある。

腹立たしい老人を見ることも少なくないけれど、旅先で、
こういう人たちと触れ合うことができた私は、大変幸運だったと思う。

スポンサーリンク