【巨体で支えた相撲人気…】出羽ケ嶽の孤独

asdf

本人として、大相撲初の、
身長200cm・体重200kgを両方超えた力士です。

昭和40年代あたりまで、日本史上最高体重の人物
とも言われていました。

生まれは1902年(明治35年)、山形の人です。

しかし、この人は頭脳明晰の人でもあり、
成績優秀で将来は小児科医を目指していたそうです。

この体格を見届けられたら、
当時の相撲界は放っておけなかったのでしょう。

強い勧誘により、ほとんど無理やり相撲界に
入門させられたそうです。

48歳で亡くなっています。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク