【花嫁】はしだのりひことクライマックス

ksdfju

はほとんど死語になってるかもしれません。

『かけおち』

何か淫靡で疚しさ漂うこの言葉ですが、
花嫁の歌詞は、言うならば「かけおち」の歌でした。

周囲からの猛烈な反対に合い、
ふたりは新しい世界へと逃げます。

今なら、それほど周囲で猛烈に反対する人もなく、
反対されたって、へっちゃらでくっつきます。
そして、気にくわなければ、さっさと別れます。

そして「夜汽車」なども死語になったし、
「あの人の写真を胸に」する必要もなく、
今なら、スマホでいつでもどこでも
彼氏とつながります。

この歌は1971年のリリースでした。
約50年後の今、様子は変わりました。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク