【ユーミン、荒井由実の頃のメドレー】

fasdf

のステージは1982年のものです。

デビューの頃のユーミンは、
まだ素朴な学生風のお姉さんでしたが、
このころは三十路にリーチしたころでしょうか。

スタイルがいいから、都会派のいい女風の演出により、
ステージでも映えます。

デビュー時の彼女のメロディは、
ちょっとしたインパクトを若者に与えたものでした。

耳心地の良さには、一定の予定調和があるものだ、
という常識がありましたが、彼女の音階は、
予定調和でない、どこにいくか分からない
意外性を含んでおり、それでいて耳心地が良い。

歌詞の同世代目線も共感を呼ぶに足るものでした。

今はそれらがユーミンを特徴づける
ユーミンサウンドとしてのカテゴリーが
出来上がっているようです。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク