【なかにし礼さんの詞について】

ofakfka

日、お亡くなりになったなかにし礼さん。

後年は小説も書かれ、直木賞も受賞されました。

「知りたくないの」は、自伝的小説「兄弟」の中でも
その訳詞誕生の背景がよく描かれていました。

ご本人も語っていますが、なかにしさんの作詞の中には、
どこかに必ず「へそ」が潜んでいるようです。

「知りたくないの」には、あなたの『過去など…』の
過去というキーワード。

そして、次の歌「愛のさざなみ」の中には、
島倉さんが気づいているように、
「あなたに抱かれて、このまま『死にたい』」という部分です。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク