【シクラメンのかほり《布施明》】寺井尚子のヴァイオリンとともに

kfsdafaks

ァイオリンの伴奏が、
この曲によく似合います。

シクラメンのかほりは、
小椋佳さんが、第一勧銀勤務のころ
作った曲ですが、作詞については
自分ながら気に入らなくてお蔵入りになっていました。

歌詞の一部がプレスリーの歌詞から引用したり、
北原白秋の全集から抜粋したりで、
借り物だという意識があったからです。

それを発掘したのは、布施さんのマネージャーで、
ある曲のB面を探していたところ、
この曲の紹介を受けたそうです。

布施さんも、あまり期待していなかったところ、
東京音楽祭での発表がきっかけとなり、
大ヒットとなりました。

動画をどうぞ>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク