【静ちゃんへの手紙】 ~神風特攻隊員の兄と幼き妹~

b718

b718

※画像と記事の関連性はありません

阪府出身で、飛行学校卒の大石清伍長は、
昭和20年3月13日、14日の大阪大空襲で父を失い、
重病だった母も亡くしました。

肉親は、大石伍長の妹である静江さん、当時小学生。

兄が戦場に行き、妹は伯父の元に引き取られていました。

この時、兄17~18歳(推定年齢)、妹11歳です。

妹思いの兄は、給与のほとんどを妹に送金しており、
このような手紙をやりとりしたといいます。

静(せい)ちゃん、
お便りありがとう。

何べんも何べんも読みました。

お送りしたお金、
こんなに喜んでもらえるとは、思いませんでした。

神棚などに供えなくてもよいから、
必要なものは何でも買って、つかって下さい。

兄ちゃんの給料はうんとありますし、
隊にいるとお金を使うこともありませんから、
これからも静ちゃんのサイフが空っぽにならない様、
毎月送ります。

では元気で、
おじさん、おばさんに、よろしく。

それまで、鹿児島県の知覧のみが特別攻撃隊の飛行場でした。

しかし、戦況の悪化により、知覧の補助として作られた万世基地でも、
昭和20年3月29日から終戦まで、多くの飛行戦隊が、
一機、また一機と飛び立っていきました。

昭和20年5月20日、特攻隊出陣の命を受け、
大石清伍長が、万世基地に到着します。

次の遺書を整備担当であった大野沢威徳氏に預け、
出撃し、そして散華しました。

なつかしい静ちゃん!
おわかれの時がきました。

兄ちゃんはいよいよ出げきします。
この手紙がとどくころは、沖なわの海に散っています。

思いがけない父、母の死で、
幼い静ちゃんを、一人のこしていくのは、
とてもかなしいのですが、ゆるしてください。

兄ちゃんのかたみとして
静ちゃんの名であずけていた
ゆうびん通帳とハンコ、

これは静ちゃんが女学校に上がるときに
つかってください。

時計と軍刀も送ります。

これも木下のおじさんにたのんで、
売ってお金にかえなさい。

兄ちゃんのかたみなどより、
これからの静ちゃんの人生のほうが大じなのです。

もうプロペラがまわっています。

さあ、出げきです。

では兄ちゃんは征きます。

泣くなよ静ちゃん。

がんばれ!

この遺書を預かった大野沢威徳氏も、
静ちゃんに宛てて、次のような手紙を添えています。

大石伍長の静ちゃんへの優しさが伝わります>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

野沢さんの静ちゃんへの手紙です。

大石静恵ちゃん、
突然、見知らぬ者からの手紙でおどろかれたことと思います。

わたしは大石伍長どのの飛行機がかりの兵隊です。

伍長どのは今日、みごとに出げきされました。

そのとき、このお手紙をわたしにあづけて行かれました。

おとどけいたします。

伍長どのは、静恵ちゃんのつくった人形を
大へん大事にしておられました。

いつも、その小さな人形を飛行服の
背中に吊っておられました。

ほかの飛行兵の人は、
みんな腰や落下傘の縛帯の胸にぶら下げているのですが、
伍長どのは、突入するときに、人形が怖がると可哀そう、
と言って、おんぶでもするように、背中に吊っておられました。

飛行機にのるため走って行かれる時など、
その人形がゆらゆらとすがりつくようにゆれて、
うしろからでも一目で、あれが伍長どのと、すぐにわかりました。

伍長どのは、いつも静恵ちゃんといっしょに居るつもりだったのでしょう。

同行二人。
仏さまのことばで、そう言います。

苦しいときも、さびしいときも、
ひとりぽっちではない。

いつも仏さまがそばにいて、はげましてくださる。

伍長どのの仏さまは、
きっと静恵ちゃんだったのでしょう。

けれど今日からは伍長どのが、
静恵ちゃんの”仏さま”になって、
いつも見ていてくださることと信じます。

伍長どのは勇かんに、
敵の空母に体当たりされました。

静恵ちゃんも、りっぱな兄さんに負けないよう、
元気を出して勉強してください。

さようなら。

最後に、幼い妹を一人残して逝く
大石伍長の悲痛な句が残されています。

「妹のことを伯父にたのみ、新宮駅にて訣別。
 妹泣く。伯父夫婦も泣く。
 せめてあと数日、
 妹の傍に居りてやりたし」

終戦まで三ヵ月弱前です。

5月20日、大石清伍長は特別攻撃隊として出撃したのでした。

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=nQ0AN524pF4

スポンサーリンク