身障者の兄が多くのことを教えてくれました

b786

b786
の兄は身障者です。

お話もできません。

自分で歩くこともできません。

時々「あー」って大きな声を出します。

僕が小学校の時のことです。
僕は、この兄のことは、友達にも誰にも内緒にしていました。

ある日の朝、母から頼まれました。
「今日は母さん、どうしてもはずせない用事があるから、
 養護学校の帰りのバス停に、3時にお兄ちゃんを迎えに行って」

裕福な家庭ではなく、母も仕事をしていて、
何かと忙しいのはよく知っていました。

だから、仕方なくではありますが、
兄をバス停まで迎えに行くことにしました。

学校からの帰りに、兄を迎えに行きました。

しかし、この時間帯はちょうど下校時刻と重なり、
みんなと顔をあわせる可能性が高いのです。

車イスを押しながら、兄を誰かに見られたくない、
見られたらどうしようと、胸の高まりを感じていました。

普通の帰り道は舗装道路で、車イスもスムーズに通っていけます。

僕は、ここで人目につかない裏通りを選んだのです。

この裏通りはデコボコの砂利道が続きます。
だけど、ここを通れば遠回りだけど、人目にはつきにくかったのです。

自分の恥ずかしさのために、わざわざ遠回りをして、
不自由な兄にとっては辛い、車イスでのガタガタ通行をさせたのです。

そのようにして、時間をかけて我が家に帰宅しました。

少し遅れて、息せき切った母が帰って来ました。

車イスが汚れて埃まみれになっているのに、
母はすぐに気づきました>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

は、いつもと変わらず、
ニコニコと笑顔で母を見上げていました。

母は、汚れて埃だらけの車イスと、
俯いている僕の姿とを見比べて、
すべて解ったようでした。

母が僕に言いました。

「ごめんね、あなたも辛かったんだね。
 これからは母さんが迎えに行くからね」

僕は、この時の目に涙をいっぱいにためた母の表情が忘れられません。

僕は、何ということをしてしまったんだろう。

ニコニコ笑って屈託のない兄に、本当に申し訳ないことをした、
それに僕を信じて任せてくれた母に、
何て悲しい思いをさせてしまったんだ。

心から自分を恥じて、
それからは率先して兄の迎えに出るようになりました。

もちろん、舗装道路を使いました。

この兄を恥ずかしがる自分こそ、
本当は恥ずかしいのだと気づいたからです。

兄ちゃん、「ごめん!」兄ちゃんが悪いところを全部、引き受けて
ここに生まれてくれたんだ。
兄ちゃんがいるから、僕は何不自由なく生きていけるんだ。

そのことがやっと判ったのです。

兄は、相変わらずしゃべれないし、トイレもひとりで行けないけど、
僕の顔を見ると、輝くような笑顔を返してくれます。

世界で、一番自慢できる兄がここにいます。

スポンサーリンク