オバマ大統領の広島訪問、勇気ある第一歩

dsa

日、2016年の5月27日は、
今後の教科書に掲載されるほど意味のある
米大統領の原爆被災地ヒロシマへの訪問が為された日になりました。

アメリカは「正義」の国です。

原爆投下が、多くの米国兵の命を救ったという解釈において、
退役軍人を始めとした多くのアメリカの人々に正当化されています。

僕ら日本人にとっての悲劇も、
お国が変われば「正義」になる、
それに同調はできないけど、想像はできます。

そんな「正義」の環境において、
よくぞオバマ大統領は、誰にも出来ない決断をして、
この被爆地の訪問をしたものです。

誰もが認めるように、これは決着ではなく第一歩に過ぎません。

これを契機に、多くの影響力ある世界の首脳たちが、
広島・長崎を訪れ、核廃絶への歩みを進めなければいけないのです。

いろんな意見があろうと思います。

「謝罪」の要不要の議論もあります。

謝罪がなければ来なくていいという意見がありました。

いや、謝罪を強要するなら、日本が悩んでいる隣国の主張と同じだ。
我が国は、彼らを反面教師とするべきじゃないだろうか、
という意見もありました。

しかし、どうなんでしょう。

いろんな思惑や議論を乗り越えて…。

オバマさんに来てもらってよかった

そのことは大多数の人の共通意識ではないでしょうか。

違う人の意見も聞きますが、
僕は、何よりオバマさんの勇気と誠意、それに行動力に対し、
少し感動しますし、「来てもらってよかった」と思います。

昨日の動画、一部ですがどうぞご覧ください>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓
(画面が見にくい場合は、横にして下さい)

スポンサーリンク