愛するものとの別れの時を作った病院スタッフ

b975

b975
ギリスに住むシェイラ・マーシュさん。
余命わずかと宣告された彼女の最後の望みとは…。

イギリスの競馬場で働いていたシェイラ・マーシュさん、77歳。

動物好きの彼女は6頭の馬、3頭の犬、3頭の猫を飼っていました。
その中でも特に可愛がっていたのが馬の「ブロンウェン」でした。

彼女の愛馬であるブロンウェンは、
25年間も面倒をみてきたまるで家族のような馬だったのです。

馬術においてもブロンウェンとシェイラさんは良きパートナーでした。

しかし別れはやってきます…。

彼女は末期ガンと診断され、
余命はあとわずかと診断されてしまったのです。

入院したシェイラさんは、家族が連れてきてくれた犬達と
病室で別れを告げることができました。

しかし一番大事にしてきたブロンウェンに、
もう一度会うことは出来ません。

体の大きいブロンウェンは病室に入ることは出来ないからです。

シェイラさんは会いたいその気持ちを抑え
あきらめるしかありませんでした…。

シェイラさんの最後の望みを叶えてあげたい病院スタッフ。
何とかしたいと考えました>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

院スタッフは、病院の駐車場にブロンウェンを連れてきてくれたのです。

シェイラさんはベッドに寝たまま、
駐車場に降りていき、ブロンウェイと会うことが出来たのです。

願いが叶ったシェイラさんは
「とても美しい一時だった」とその喜びを語りました。

cached3

看護師がその時の様子を語りました。
「ブロンウェンはシェイラさんにゆっくり近づくと、
 優しく首を傾けて、最後の別れを伝えるように彼女の頬にキスしたの」

長年連れ添ったブロンウェイは、
これが最後の別れと本能で感じたのかもしれません。

cached2

その光景を見た周囲の人の多くが涙したといいます。

願いが叶ったシェイラさんは、
ブロンウェイと再会した次の日の朝、家族に看取られ息を引き取ったといいます。

シェイラさんの娘さんは
「母の最期の願いを叶えてくれた病院のスタッフには
 感謝の気持ちでいっぱいです」と語っています。

病院側は
「彼女の最期の時間をこのような形で
 手伝えることができたのを光栄に思っている。
 これからも患者さんの人生の終わりにおいて、
 そのご家族ともども、思いやりと尊厳あるケアを受けられるために、
 努力していきます」と伝えました。

たくさんの人達によって叶えられた最後の別れ。

きっとその献身的な協力のおかげで、
シェイラさんは安らかな眠りにつくことができたでしょう。

スポンサーリンク