コンビニのイケメンお兄さんに何が起きた?

a777

a777
所のコンビニによく買い物に行きます。

そこにイケメンなお兄さんが働いています。

深夜の時間帯勤務で、もう1年ほどでしょうか。

昨日、いつものように、深夜に買い物に行きました。

客は、おっさんが一人、雑誌を立ち読みしてただけです。

僕は適当に買い物して、レジに行ったけど、店員さんがいません。

声出して、呼びかけたら、奥の方からあのお兄さんが出てきました。

でも、何か様子がおかしいのです。

お兄さんが目に涙をためています。

しゃくりあげながら、レジを打っています。

僕はビックリしてポカーンとなってました。

顔なじみではあったから、勇気を出して理由を聞きました。

そしたら、こういうことでした。

妹さんが重い病気にかかって、ずっと入院してたそうです。

大手術を受けて、ずっと妹さんは、生死の境をさ迷っていました。

そして、ようやく妹さんの意識が回復したそうです。

近いうち、退院も出来るそうです。

お母さんからのその知らせを電話で聞き、
嬉しくて嬉しくて、これまでの緊張が解け、

思わず涙が止まらなくなった、
そういうことでした。

そんな事情なら、バイト帰してもらえばいいのに、と言ったら、

「誰も代わりがいなくて、帰れないんです」とのこと。

僕は、妹さんの無事がほんとに嬉しくて、感動もしました。

その時、僕の感動に水を差すように、後ろのおっさんが
僕の背中を押し気味に、缶コーヒー1本持ってレジに来ました。

何だ?このおっさん、僕は反射的にムッとしました>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

っさんは、無口のまま、無愛想に130円を出して、レジのお兄さんに渡しました。

僕は、内心「おっさん、邪魔だよ。早く行けよ」とか思ってました。

次の瞬間、おっさんが財布からゴソゴソと二枚の切符を取り出しました。

よく見ると、ディズニーの一日乗り放題みたいなチケットでした。

「退院したら、妹さんを連れてってやんな」

それだけをぶっきらぼうに言いました。

おっさんは、お兄さんに押しつけるようにチケットを渡し、
さっさと立ち去りました。

お兄さんは、あまりにも意外な申し出に、
お礼を言うのも忘れ、茫然としてました。

慌てて、後を追いかけましたが、
おっさんはもう風のように通り過ぎてました。

僕は、おっさんグッジョブと思いつつも、
先ほどのおっさんへの悪意を反省しました。

スポンサーリンク