【女子バレーボール】世界最小で最強のセッター、竹下佳江さん

c107

c107
在は現役を引退し、
「ヴィクトリーナ姫路」の監督に就任した竹下佳江さん。

女子バレーボールにおいて、世界最小・最強のセッターとして、
大活躍してきました。

2005年より全日本チームのキャプテンとなり、
2012年のロンドン五輪で銅メダルを獲得しました。

背の高さが第一条件のようなバレーボールで、
背の低い竹下さんが世界の最前線で戦ってきた事実、
そこに彼女の苦難の数々がしのばれます。

2000年のシドニーオリンピックの最終予選に、
竹下さんは、控えのセッターとして出場しました。

このときの全日本代表は、正セッターが不調のため、
最終予選の時には竹下さんに交代していました。

そして、クロアチア戦で破れ、予選敗退が決定します。

日本女子バレーとしては、
このとき初めて五輪本選出場を逃す結果となってしまいました。

そうなると、敗退に対する犯人探しが始まります。

様々な要因が考えられましたが、その中の一つに、
竹下佳江さんの身長が槍玉に上がりました。

竹下佳江さんの身長は159センチ。

小柄なセッターの中にあって、ひときわ小柄でした。

これについて「159センチのセッターでは世界に通用しない」と、
大バッシングが起きてしまったのです。

このとき、あまりの非難の強さに、
負けん気の強い竹下さんも罪悪感に苛まれるようになりました。

そして、2年後の2002年には所属していたNECを退社し、
完全にバレーボールから離れます。

地元の北九州に帰郷し、体力を活かして介護の仕事をしようと考え、
ハローワークに通っていた竹下さんです。

やがて、失意の竹下さんに
カムバックの声をかける人が現れました>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

時V1リーグ(上から2番目のリーグ)であったJTの監督、
一柳昇さんが、竹下さんに声をかけたのです。

「一緒にVリーグ(一番上のリーグ)昇格、制覇の夢に挑もう。
 そのためには、君の力がどうしても必要だ」

心のこもった一柳監督の度重なる説得で、
竹下さんの心が動きました。

やがて彼女は、JTの選手として復帰することとなり、
一柳監督の狙いどおり、みごとJTをVリーグに昇格させたのです。

なぜ、一柳監督が強く竹下さんの力を求めたのか、
そこには次のような理由がありました。

とにかく竹下さんには
「根性があった。
 何度も何度も同じことを繰り返す練習でも
 コーチや監督が根負けするほどくらいついてくる」。
また
「素晴らしい身体能力があるのに、もったいない。
 159センチは弱点かもしれないけど、
 大きな武器にもなりますから」とも語っています。

技術的には、
「セッターは相手をいかにだますか。
 手首の中にボールを収めること。
 膝や足首を使って下半身の”ため”を作り、ボールを上げること。
 ギリギリまでボールを持つ意識を第一にしました。
 そこを竹下はよく理解していました」
と彼女の武器を説明しています。

竹下さんのトスは、多くのアタッカーが
「ボールが止まる感じ」と表現していたのは、
そこらの技術的強みがあるからなのでしょう。

しかし、チームを強くするためには、
メンタル面での「何か」が必要です。

監督でもコーチでもない、
仲間の中で気持ちを引っ張る誰かの存在です。

一柳監督は、その点でも竹下さんの力量を買っていたのです。

「セッターは(他の)5人が背中を見てるんだ」

ゲームが始まったら監督もコーチも助けてはくれません。

そんな時、頼りになる力、セッターの闘志が背中に漲るとき、
チームのひとりひとりが勇気づけられるのです。

参考URL:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E4%B8%8B%E4%BD%B3%E6%B1%9F
http://london2012.nikkansports.com/column/technique/archives/f-cl-tp0-20120705-978239.html
http://matome.naver.jp/odai/2134468674285232501

スポンサーリンク