【大すきならんきちさん】 ~7歳の男の子の作文です~

c126

c126
マにしかられた。

心がくらく小さくなって、ものすごくさみしくなった。

そしたら、ネコのらんきちさんが、
体をよせて「ニャーッ」と、ないた。

「ニャーッ」だけど、らんきちさんのやさしい心が入ってた。

らんきちさんは、おばあさんが、
まんまんちゃんへおまいりに行った帰りにひろったネコです。

ほんまに小さくて、おじいさんの目ぐすりの入れものを
ミルク入れにしてそだてたんだよ。

それからネコだってわらうんだよ。

ぼく、しってるんだ……。

だって、らんきちさんは、よくわらうんだもん。

コチョ、コチョっておなかをこそばしてやると、
へんなかおしてわらうんだ。

そして、しつこくコチョ、コチョをするとおこるんだよ。

らんきちさんの友人に白くろの大きなノラネコがいます。

らんきちさんは、心のやさしいネコで
自分のエサを半分白くろちゃんに分けてやっているのを
ぼくは見たよ。

でも白くろちゃんは、らんきちさんが高いところからおりれなくて
ニャーニャーないていてもたすけようとしないんだ。

ぼくはあんなヤツと友人になるなっていってやった。

そしたら「ニャーッ」って、へんじしたよ。

ある日、夕方になっても、らんきちさんは帰ってこない>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

マといっしょに、「らんきちさーん、らんきちさーん」と、
大きな声でさがしたんだ。

そしたら、いえの前のJRのせんろの上で、
らんきちさんの体が二つになっていました。

ママと二人でやさしくつれて帰りました。

にわのグミの木のよこに
らんきちさんのおはかをつくってあげました。

ぼくは、何万年たっても
心のやさしいらんきちさんが大すきだ。

出典:NTTふれあいトーク大賞エッセイ集より(NTT広報部編)

スポンサーリンク