通訳をした渡辺和子さんにマザー・テレサが囁いたひと言

c147

c147
書『置かれた場所で咲きなさい』で知られている渡辺和子さん。

2016年12月にお亡くなりになりました。

渡辺さんが、キリスト教カトリック修道女であり、
ノートルダム清心学園の理事長であった時、
三十数年前、来日したマザー・テレサに同行した時のお話しです。

マザー・テレサが三度目に日本にいらしたときのことでした。

その日、朝早く新幹線で東京から広島へおいでになり、
そこでの講演を済ませて、再び新幹線に乗って
岡山にお着きになったのは、夕方も5時を過ぎていました。

夕食後、教会に集まった人々と「祈りの集会」を開き、
さらに二か所で短い講話、全部のスケジュールが終わったときには、
時計は夜の8時半を指していました。

朝6時に東京を出た長い一日であり、
異国を旅する71歳のマザーにとっては、
相当にハードな一日のはずでした。

通訳として傍らに付き添う私の目にも、
マザーのお疲れが読みとれました。

ところが、マザーは岡山駅に到着後、
ひっきりなしに向けられるカメラに向かって、
初めから終わりまで、にこやかに応じていらっしゃるのです。

1979年度のノーベル平和賞の受賞者であり、
現代の聖人と言われているそのお姿を、一枚でもいい、
自分のカメラに収めたいと人々が願ったのも無理のない話でした。

「マザーは超人的にお強い」
と、私は思ったものです。

しかし、後ほどマザーが、写真をうるさがらずに、
ひとつひとつに笑顔で応じていらっしゃる秘訣がわかりました。

傍らを歩く私にマザーが
ソッと耳打ちしてくださったのです>>>

スポンサーリンク

↓Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

はね、カメラのシャッターがひとつひとつ切られるたびに、
 その瞬間に世界のどこかで寂しく死んでゆく人の魂が、
 神さまのみもとに行くようにと、神さまとお約束がしてあるのですよ」

マザーの一見きびしいお顔に、一瞬チラッと
いたずらっ子のような表情が走ったのを、
私は見逃しませんでした。

神さまとの”取引”……マザーが、写真をうるさがらずに、
ひとつひとつに笑顔で応じていらっしゃる秘訣はこれだったのです。

つらいこと、いやなことも笑顔で受ける代わりに、
神さまに何かしていただく、それは何ともほほえましい”取引”でした。

身には、インドの貧しい人が着る木綿の粗末なサリーをまとい、
宝石はおろか私物を一切持たないマザーは、
自分のために何一つ求めることなく、
他人のために魂の安息を願っていらっしゃるのです。

世界中の貧しい人ひとりひとりを大切に思う、
マザーの心の豊かさに触れた思いでした。

心の豊かな人、それは自分のことでいっぱいなのではなく、
他人の幸せを思いやることのできる人ではないでしょうか。

スポンサーリンク